クレジット・ローンがよくわかるBlog

クレジットカードの1番のメリットは、先にモノを手に入れてから、後で支払うという決済手段であること。

クレジットカードへの署名が不要に?

どうやらアメリカでは、4月からクレジットカードの署名が順次不要になっているのだそうですよ。


これはアメックス、VISA、マスターカード、ディスカバーの主要クレジットカード会社4社が、店頭での支払い時に署名を求めない方針を発表したからのようですが、VISAを除く3社は4月13日から、ビザは4月末をめどに廃止するのだそうです。


個人的にはこれはなかなか良いことだとは思います。



もともとクレジットカード決済時の署名には2つの目的があって、言うまでもなくひとつは本人確認。


カード裏の署名と実際の署名を照合し、カードを使っているのが本人であることを確認するのですが、これ、実際に行っているところって見たことあります?


実際、市場などでは、とりあえずサインだけをもらうという形式的なことになっていますよね。


そしてもうひとつは、詐欺などの行為からカード所有者、加盟店、クレジットカード会社を保護するためなのですが、先程もあったように現実的にはあまり意味がなくなってきていますし、だったら極力簡素化したほうがいいですよね。


もともと署名をするには時間がかかりますし、こと東京などではレジですら並んでいるなんてことありますよね。


アメリカでは、どうやら2012年頃から25~50ドル以下の買い物の場合には署名が求められなくなったようで、カードの利用が進んでいるアメリカでは、5ドル、10ドルといった少額の買い物の支払いにもクレジットカードを使う人が多くなったのだそうですよ。


今後はICチップを埋め込んだクレジットカードの導入が進んでくるようですし、ましてはいまやスマホでの決済もドンドンと進化していますから、アナログ的な署名なんて時代遅れとなるのでしょうね。




キャッシングも使い方次第

キャッシングのWEB明細サービスを使えば、家族に見つかることなく借り入れを行うことができます。


まぁ、キャッシングを使うことで誰かから非難されるようなことはないのでしょうけど、できればバレないようにしたいという人も少なからずいます。


設定を変更していなければ、キャッシング会社から送られてくる明細によって、キャッシングの利用履歴が届いてしまい、それでバレてしまう人も少なくありませんし、紙の明細発行はこれから有料となっていくようですから、今後は電子明細サービスを利用するのが最善策といえるでしょう。


金融業者の自動支払機を操作し、お金を貸りるのであれば、返済する期間を引き延ばさないようにしてください。
延滞してしまった場合、遅延損害金を求められることになりますし、金融業者の取り立てを甘くみると大変で、最悪の場合、訴えられることもあります。




ですので、もしも返済期限を守れないような状況になった場合、事情を説明し、金策に走りましょう。


クレジットの審査では簡単に通ることのできる業者も存在しますが、審査に通りやすいということは、通常よりも金利が高くなっていたり、返済方法の選択肢が少なかったりと、デメリットがあると思っていてください。


返済方法はキャッシング業者によって様々ですが、ATMから返す方法が選べたり、銀行振り込みで行ったり、あるいは口座引き落としができるなどの方法が代表的でしょう。


口座引き落としなら、返すことをうっかり忘れることなく確実だと言えるのですが、返済金額分が口座に入っていなければ意味がありませんし、しっかりと残高だけは確認しておきたいものです。


WEBだけでキャッシングできることをご存知ですか?
どのキャッシング業者も手続きをネットのみでできるとは限りませんが、名前を聞いたことのあるような業者ならばだいたい対応して、家事の合間などちょっとした時間に家でお金が借りられれば、効率がよくなりますね。


キャッシングのいいところは、借りる理由や使いみちは一切聞かずに貸付をしてくれるところで、お金が足りない時に急に支払いをしなければならなくなった場合などは大変重宝します。


小口金額の借り入れなら、銀行系のキャッシングがいいでしょう。
大手の銀行系キャッシング会社なら、比較的金利が安く、気軽に借りられるでしょう。
しかし厳しい審査がありますので利用するのが難しい場合、知名度のあるキャッシング業者を利用するとよいでしょう。


少し前には無かったものですが、最初から最後までスマホで出来る、お手軽キャッシングの会社も少なくありません。
必要になったらすぐスマホで申し込みができ、自分の写真(免許証など)を送信して、一連の審査作業が済めば、口座に振り込まれたことを確認できます。
アプリ対応の会社であれば、本当なら面倒なはずの手続きが短時間で完了できます。


とはいえ、キャッシングがかなり便利ですので、借り入れをしている意識が薄れがちになりやすく、ここは注意が必要です。


しかし、何事も使い方次第で、考えて使うことで給料日前に訪れる危機も楽に受け流すことが可能となりますので、上手に使いたいもの。


何事も使い方次第で、良くも悪くもなるものですから、なんでも賢く使えるような人でありたいですね。

クレジットカードのIC化100%を目指して

日本クレジット協会が2017年12月に発表した「クレジットカード不正使用被害の発生状況」によれば、平成29年1月から9月の間に発生したクレジットカード不正使用被害額は、なんと176億8,000万円にも上るのだそうです。



この不正使用被害額の推移なのですが、平成26年が114億5,000万円、平成27年が120億9,000万円、平成28年が142億円となっており、平成29年は9月時点ですでに前年を上回っているのだそうですよ。
クレジットカードの利用機会が増えている中で、不正利用も同じように増えているのですね。


さて、その不正使用被害額の内訳なのですが、番号盗用被害額が130億3,000万円、偽造カード被害額が25億8,000万円、その他不正使用被害額が20億7,000万円となっているようで、国内・海外でわけると、番号盗用被害額は国内が58.6%で海外が41.4%、偽造カード被害額は国内が40.7%で海外が59.3%発生しているのだとか。


思いの外、海外での不正利用が多くて驚いてしまいますね。


このような不正被害が拡大している中、日本クレジット協会は、カード会社や決済事業者、加盟店にデータセキュリティの国際基準への準拠を求めるほか、加盟店によるカード情報の非保持化を求めてカード情報保護の強化を目指すようで、クレジットカードのIC化を「2020年3月末までに100%を目指す」ということです。


ちなみに2017年末時点でクレジットカードのIC化は77.3%に達しているのだそうで、100%IC化を達成した企業も84社と増えていて、2020年までには達成できそうだなと思っていたら、どうやらこの達成率は、当初の目標からは遅れているのだとか。


世界と比べ、日本のキャッシュレス決済は遅れているので、世界からの遅れを取り戻すためにも、ぜひともカードのIC化が進んでいって欲しいですね。