クレジット・ローンがよくわかるBlog

クレジットカードの1番のメリットは、先にモノを手に入れてから、後で支払うという決済手段であること。

おまとめローンサービス

銀行取り扱いのおまとめローンサービスは、消費者金融に比べると低金利で、百万円単位のローンも扱っているので頼もしく感じるのですが、審査が難しく結果が出るまでの時間が長い点が不満なところ。


原則としてどんな金融機関であろうとも、お金を借りることになった時には審査がありますし、その審査項目の中の1つとして本人確認をするための在籍確認は絶対に避けては通れない道だと思っておいたほうがいいでしょう。


貸金業者は、法律によって、1社のご利用限度額が50万円を超える場合、または複数の貸金業者からの借入額の合計金額が100万円を超える場合、収入証明書の取得が義務付けられています。


収入証明書による年収確認が必要なケース

  • ご利用限度額が50万円を超える場合
  • 複数の貸金業者からのお借入の合計金額が100万円を超える場合
  • 提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

ですので、収入を得ていない状態では、総量規制により制約を受ける貸金業者からは、通常は借金することはできませんので、主婦などが融資を受けられるのは、銀行以外にはありません。


現在、きちんと働いており、収入だって申し分ないにも関わらず、カードローンの審査をパスできないとすれば、その理由の多くはかつて滞納してしまったことがあるという理由がおおく、複数の賃金業者からキャッシングしており、そのキャッシング件数が多かったとしても、滞納することなくきちんと返済を行っているという人であれば、金融会社側からすれば、とてもよいお客様だと言えるます。
そもそも「お金を借りること」は悪いことではなく、「お金を返さないこと」が悪いのです。


低金利目的でおまとめローンを選定するに際しては、重要視しなければならないのは上限金利が抑えられているということで、従来の出資法では上限金利は29.2%、利息制限法がそれぞれの金額に応じて20%から15%となっていましたが、現在では出資法の上限金利が20%に引き下げられ、金利が20%を超えていると出資法違反で刑事罰が課せられるようになりました。


利息制限法
元金10万円未満・・・・・・・・・上限金利20.0%まで
元金10万円以上100万円未満・・・上限金利18.0%まで
元金100万円以上・・・・・・・・上限金利15.0%まで

評判の無利息キャッシングとは

最近評判の無利息キャッシングとは、所定の期間中は利息不要で資金を借りることができるお得なサービスで、名のある消費者金融などが新規の顧客を呼び込むために推進しています。
ですので、ここぞという時にお金を借りなければならなくなったのであれば、わずかでも金利の負担を軽くできるように、無利息キャッシングを展開している業者を利用するように心がけたいですね。


カードローンの借り換えを為した時に多く見受けられるのが、多数の借入先を一本化した安堵感から、一段と借金を重ねてしまい、結局支払いが難しくなってしまったという失態の事例もありますから、無利息だとはいえ油断は禁物です。

総量規制とは何?

はじめて金の融資を頼もうとしている人の場合であれば、年収の3分の1を越すような借金を申し入れることはまずないので、あまり総量規制について心配することはありませんが、消費者金融などでお金を借りている人であれば、貸金業法で貸し付け上限が「年収の3分の1以下」と規制されているので、覚えておいてください。
しかしながら、この「年収の3分の1以下」という規制は、銀行であれば規制を受けることなく借りることができることになっています。
しかし、ここ最近では、銀行が無担保で個人に融資する「カードローン」が社会問題化してきており、「銀行がサラ金化している」という声もあがってきています。
銀行カードローンは増え続けており、6月末の貸出残高は約5兆7000億円と19年ぶりの高水準を記録したそうですし、個人の自己破産申請件数も平成28年は6万5000件弱に上り、13年ぶりに前年を上回るペースとなっているようですから、規制外の銀行のあくどさだけが目立つようになってきていますよね。



全国展開の金融機関が営業展開しているカードローンの多くが、斬新な即日融資を標榜しており、ローン申し込みをした当日に必要なお金を借りることができるので非常に重宝します。
現時点でのキャッシングの申込方法には、インターネット申込と自動契約機で行う申込が存在しており、Webサイトでの申込の場合、申込から入金まで誰とも会わなくても進めることができます。
また、ネットの場合であれば旅行中でも勤務中でも手続きしようと思えば簡単にできますし、審査に掛かる時間も短縮できますから、即日融資をしてもらうことも可能となっています。

話題のカードローンの借り換え

メディアなどでも話題のカードローンの借り換えとは、利息負担や返済の負担を少しでも楽にするために、今利用している借入先以外の金融機関に鞍替えすることで、金利が低くなることによって完済までに支払う総額を抑えることを目指すことも可能となっています。

個人消費手段の5分の1

日本クレジット協会の統計によれば、2012年の「新規信用供与額」は、民間の最終消費支出363兆円の約5分の1に相当する72兆円にも登るのだそうです。


ちなみに「新規信用供与額」というのは、ある一定の期間内にクレジット会社がクレジット利用者に与える利用限度額内におけるショッピングやキャッシングの利用枠のことです。

クレジットカードと手


他国に比べ、クレジットカードの利用率が低いと言われている日本ではありますが、その規模はなかなかものもですよね。


もともクレジットとは、商品を買ったり、お金を借りたりする場合に、担保を取ること無く相手を信用することによって成り立つ信用取引で、最大の特徴は、モノやサービス、お金などを先に手に入れ、その後で支払うというもので、日本クレジット協会の統計によれば、日本位は18業種の業者が存在するのだそうです。


その中でも代表的なクレジット業態は、銀行系・流通家のクレジットカード、個別で割賦することができる信販会社、消費者ローン専業の消費者金融の3つで、いわゆる三大ノンバンクと言われています。